男の自分磨き.com

前田慶次から学ぶ漢の生き様

トップページ > 人間力を磨く > 前田慶次から学ぶ漢の生き様

前田慶次とは、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて実在した武将である。
正式には前田利益という名らしいが、漫画やドラマ、世間一般には前田慶次として広く知られているため、
ここでは前田慶次として紹介する。


漢のバイブル「花の慶次」

漫画「花の慶次」は、男なら必ず読むべき漢のバイブルである。
北斗の拳、蒼天の拳といった漢漫画の代表格である原哲夫氏による戦国漫画。
本作は豊臣秀吉が天下の戦国時代が舞台となり、
天下のかぶき者と言われた前田慶次の豪快な生き様を描いた作品である。

本作の主人公、前田慶次はまさに男の中の漢の代名詞であり、
その威風堂々たる漢の生き様は天晴れの一言に尽きる。
前田慶次のみならず、その周りの武将たちも見事な漢っぷりである。
作品の詳細については特設サイトがあるのでそちらをご覧頂きたい。
「花の慶次公式サイト」


前田慶次の生き様

前田慶次の生き様はまさに誠の心を貫く信念の生き様だった。
周りの常識に流されず、己の正しいと信じた道を命がけで突き進む。
戦はもちろん、恋も遊びも命懸け、全てにおいて真剣勝負。

常識ではなく良識に生き、弱きを助け強きを挫く。
何者にも縛られず、誰の下につくでもなく、誰の上に立つでもなく、自由奔放に生き、
縦ではなく横の関係を重んじ、全ての人に人として対等に向き合った。
ゆえにそんな慶次の漢っぷりに惚れ、敵も味方もなく、命を狙う者でさえ慶次の虜になってしまう。

漫画、花の慶次の特設サイトに名セリフ集と名場面集があったので紹介しておく。
「名セリフ集」
「名場面集」

2015年にテレビで前田慶次の晩年を描いたドラマ、「かぶき者慶次」が放送されたが、
こちらもとてもおもしろく、学ぶべきことが多いドラマだった。
「志を失わなければ、人は輝き続けることができる」
人として一番大切なことは何か、誠を貫く勇気と強さをその背中で語る慶次。
慶次役の藤竜也さんの演技の渋さと優しさがたまらなかった。
何度でも観たい文句なしの素晴らしいドラマだ。
「かぶき者慶次」