男の自分磨き.com

本物の眼鏡店 [仲西眼鏡店]

トップページ > 趣味力を磨く > 本物の眼鏡店 [仲西眼鏡店]

仲西眼鏡店

仲西眼鏡店は、1928年に日本の福岡で発祥した老舗眼鏡店である。

本物の眼鏡とは何か?
快適な眼鏡とは何か?

を常に探求し、お客さんひとりひとりのパーソナルコーディネーターとして情報発信、提案している。

近年、安価な海外製品が盛んに流通した影響で「モノづくり日本」の産業は沢山途絶えてしまった。
仲西眼鏡店では、Made in Japanの産業を盛り上げるべく、
日本製眼鏡の流通拡大、眼鏡製作の知識啓蒙、地域社会への貢献を行う事で、
かつては日本人にとって当たり前だった良質な眼鏡だけが持つ「魅力」と物を大切にする「心」
そして、大人のこだわりとして眼鏡を楽しむお力になれたら…。

そんな思いで、確かな情報と誠実さをもって、
お客さんとの信用と信頼が世代を超えて築けるお店を目指している。

国内はもとより、本当に良いものを提供していくために、
1984年から年に数回、海外の展示会にも足を運び、有名無名を問わず世界中のブランドから商品を選定し、
ブランドのデザイナーやオーナーと直接話し合い、お互いの考え方を確認し、仕入する。
楽に見えて、見えすぎず、お洒落に見えて、私らしいを念頭に、
お客さんに本当に喜んでいただける店を目指している。

近年は福岡の天神にある自社工房にて製作している、仲西眼鏡店オリジナルの手作り眼鏡にも力を入れている。
眼鏡の作り方を熟知した職人の技と多種多様な道具が揃っているからこそできる、
調整や修理などのアフターケアも万全。安心して眼鏡を選び、付き合っていくことができる。
「ファッション感度が高い、眼鏡が作れる眼鏡専門店」として、
福岡を代表する地域に密着した眼鏡の情報発信店となれるよう日々精進している。

人はあらゆる情報を目から取り入れており、感覚器官の中でも「視界」というのは特に大事な要素である。
眼精疲労は脳の疲労と深く関係しており、睡眠不足と並んで疲労の大きな原因として知られている。
近年はスマホの普及やパソコンによるデスクワークの増加により、目の負担は増える一方である。
ゆえに毎日の視界をより鮮明に、そして目の負担をより軽減させる質の高いレンズが求められる。

見た目の上でも、眼鏡は顔の印象を決定付ける最も重要なアイテムである。
どんなに服やアクセサリーをお洒落に決めても、眼鏡ひとつで全てが台無しになる場合もある。
表情も含め、顔の印象が相手に与えるイメージの大きさは誰もが知るところである。
デザイン、質感、手の込んだ良質な眼鏡だけが持つ魅力、人の心を惹きつける質の高いフレームが求められる。

このように、眼鏡は日々の視生活を支え、顔の印象を決定付ける最重要アイテムであるのは一目瞭然である。
にも関わらず、シーズンや好みによって着たり着なかったりする服やアクセサリーにはお金をかけるのに、
眼鏡にはあまり関心がなく、その良し悪しも知らず、お金をかけない人があまりにも多いのはなぜだろうか?
シーズン関係なく、オン・オフも関係なく、日々の生活の要、ファッションの要として、
何年も付き合っていく眼鏡にそれ相当のお金をかけない理由がわたしには見当たらない。

眼鏡と一口に言っても、フレーム選び、レンズ選び、検眼の仕方、加工の仕方、調整の仕方、アフターケアなど、
眼鏡の良し悪しを決める要素は多種多様だが、その全てにおいて卓越した確かな知識と技術が求められる。
生活の質とお洒落を極めた本当に快適でお洒落な眼鏡、「本物の眼鏡」は本物の眼鏡店でしか手に入らない。
仲西眼鏡店にはその全てが揃っている。

「たかがメガネ。されど眼鏡」


リンク

一ファンとして仲西眼鏡店の哲学と魅力について紹介させて頂きましたが、
最後に仲西眼鏡店の公式サイト、オンラインショップ、ブログを紹介させて頂きます。
レンズ、フレーム、目、ファッション、アフターケアなど、目と眼鏡についてのQ&Aが充実しており、
眼鏡がどうやって作られているのか、手作りへの思いが込められた製作風景の動画なども公開されています。
ブログでは、新作商品やおすすめのブランドの紹介など、スタッフさんがこまめに毎日更新されています。