誠と漢を追求する自分磨きの男塾

男の自分磨き.com

お金に関するおすすめの本

トップページ > 生活力を磨く > お金に関するおすすめの本

世の中お金が全てではないが、現実問題、生きていくためにお金は必要不可欠である。
お金の管理は難しく、欲望に振り回されていてはいくらあっても足りず、お金に苦しむことになる。
本来お金というのは、生きるために必要最低限あればそれで十分なのだ。
もしくは自分の夢や希望、将来の目的のために必要なお金を貯めるのも大切である。
そのためにはお金の使い方を見つめ直し、改善する必要がある。
ここではお金の管理について参考になった本を紹介しておく。


年収200万円からの貯金生活宣言~「貯められる自分」を作る~

本書では、小手先の貯金法ではなく、根本的な視点から見た貯金法を学ぶことができる。

著者はお金との付き合い方にはステージがあり、
今の自分がいるお金のステージを知った上で、
それに見合った付き合い方をする必要があると言っている。
これにはなるほどと思わされた。

世の中には欲望に目がくらみ、
自分の身の丈に合わないお金の使い方や稼ぎ方をしている人が大勢いる。
生活がギリギリの収入にも関わらず、高価な買い物が癖になっていたり、
ギャンブルや借金をしている人、出費が多く、ギリギリの生活をしている人のように、
まずは無駄な支出を減らすことからはじめるべき人が、ビジネスや投資関係の本を読みあさり、
一攫千金を目指して無茶をしているケースが多いわけだ。

これは娯楽や物欲など、あらゆる欲望におぼれ、お金に振り回されているのが原因である。
お金持ちになりたい人の多くは、今よりも収入を増やすことでお金を増やそうとする。
どうすればもっとお金を稼げるのかと、わたしもそうだった。
しかし、本書を読んで、お金を使わないこともまた、お金を稼ぐことと同じなのだと気づかされ、
自分のお金の使い方を見直す大きなきっかけとなった。

一言に支出と言ってもお金の使い方は様々である。
著者は支出を「消費」「浪費」「投資」の3つに分割し、
「いくら」使ったかではなく、「何に」使ったかを明確にすべきだと言う。
お金を使う時、これは消費か?浪費か?それとも投資か?本当に必要なのか?
と自らに問うことで、お金の使い方を見直し、改善していく。
無駄な浪費を抑え、支出の割合を投資に傾けることが重要となる。
無駄をなくして投資に回すことで生活の質も向上し、自己管理能力も身につき、一石二鳥である。